• ホーム
  • 中古ドメイン選びでできることは学校関連のもの

中古ドメイン選びでできることは学校関連のもの

中古ドメインを選ぶときにぜひとも抑えていただきたいのが、特定のリンクがある場合に高い効果を発揮するということです。
金融庁や公共機関のリンクは普通のリンクよりも価値が高いといわれています。
また学校関連のリンクも非常に価値が高いので、教育系のリンクを受けている中古ドメインはおすすめです。

そのため、ドメインを選ぶときにはそのようなリンクの有無を確認しておきましょう。
ドメイン選びの際にできることといえば、被リンクの内容を調べる・アンカーテキストの確認・ドメインエイジ、過去のサイト状況を確認することぐらいなので、それほど多岐にわたるわけではありません。
判断基準は人それぞれなので、このような中古ドメインが最適ですと名言することができませんが、前述した学校関連や公共機関のリンクは抑えておきたいポイントといえるでしょう。

被リンクには悪影響を及ぼすリンクもあるので注意してください。
例えばアダルトサイトからのリンクです。
これは低品質リンクといわれており、サイトの上位表示に悪い影響を及ぼします。

またリンク自体が切れているときには、被リンクがあっても過去の産物となるので注意しましょう。
中古ドメインを購入するときに関連リンクが切られている可能性もあるので、自分でしっかりと確認することが大切です。
あとはあまりに集中しているアンカーテキストにも注意が必要になります。
分散をしていないとスパム扱いになる可能性やグーグルからペナルティの対象となる場合があります。

これらのポイントを抑えておけば、中古ドメイン購入もそれほど難しいものではありません。
サイトの順位に良い影響を与えるか、悪い影響を与えるか考えながら、ドメインの選定に役立ててください。