• ホーム
  • 中古ドメインを買う上での注意点

中古ドメインを買う上での注意点

ポインター

中古ドメインは上位表示までのスピードが速く、すでに被リンクがあるため検索結果の順位が上がりやすいというメリットがあります。
被リンク元のサイトのランクが高ければ、ドメインパワーも強くなるのでおすすめです。
ただ購入に際し、いくつかの注意点があります。

ひとつは被リンク数・被リンクドメインの数です。
これらの数があまりにも多すぎる場合、こちらが再度リンクを加えるのにそれなりの数が必要となります。
リンクドメインが多いとリンク効果が分散され、目的としているキーワードで上位表示しにくいというデメリットがあります。
さらにGoogleのアルゴリズム変更や過去のサイトと内容が大きく変わったことで検索結果の順位からいなくなる可能性があります。
もちろん中古ドメイン=だめというわけではありませんが、突然インデックスされないということになるリスクがあることは頭に入れておいたほうがよいでしょう。

また価格帯においても高額のドメイン=上位表示というわけではないことです。
高額のドメインは被リンク数が多く、大きな規模や公式サイトであることが多いのですが、そのようなドメインは過去のサイトの影響が強いため、新しくサイトを作ってもリンク効果が小さいという可能性があります。
新しいバックリンクを送っても反映に時間がかかることなどを考えれば、あまり効果的ではないかもしれません。
ただすでにインデックスされたドメインなのでGoogleのクローラーに反映されやすいというメリットもあります。
そのため新規ドメインより早く上位表示につながるというわけです。

ほかにもGoogleの手動ペナルティを受けているものやスパムドメインとして登録されているドメインなど、質の悪いドメインもなかにはあります。
どのドメインが質の良いものなのかを見極めるのは、なかなか難しいものです。
なので質の良い中古ドメインを買うなら、アクセス中古ドメインなどの中古ドメイン販売業者を活用するのが最適でしょう。
こういった業者であれば、きちんと選定された良質なドメインが販売されていますし、購入したドメインがペナルティを受けているものだった場合でも返金保証が付いているので、安心して買うことができます。
メリットやデメリットを考慮しつつ、良質な中古ドメインを上手に使いながら、サイト作成やページの作成に役立てましょう。