• ホーム
  • 中古ドメインのパワーとパスワードポリシー

中古ドメインのパワーとパスワードポリシー

中古ドメインはさまざまなパワーがあるとして注目を集めています。
もっとも活用されているのが検索サイトでの履歴です。
各検索サイトではサイトの履歴を保存しています。
ロボットが読み込んだコンテンツはインデックス化されますが、その際、サイトごとに評価をつけていると考えられています。
評価は検索順位に反映され、また、ロボットの派遣の頻度にも強い影響があると考えられており、評価は大変重要です。
評価については各サイトごとに保存されますが、所有権が変わったドメインでも有効です。

また、サイトがまったく違う内容になったとしても暫くの間は評価が変わらない場合が多いので過去のパワーを引き継げることになります。
また、バックリンクも引き継げますからサイトの評価は大変高い状態からスタートできます。
ただし、注意点もあります。

その一つがパスワードポリシーです。
サイトによってはパスワードでロックしたサイトを作っている場合がありますが、もちろんロボットは閲覧できません。
そのため、ゲストアカウントを用意して設定しているサイトもありますが、ロボットはゲストアカウントでは入っていかないので注意が必要です。
検索サイトの多くは誰でも閲覧できるコンテンツをインデックス化すると考えられており、ゲストアカウントを用意するくらいならサンプルや紹介コンテンツを用意したほうがサイトの価値が上がります。
パスワードで制限をかけるサイトをインデックス化したい場合は注意したいところです。

また、オンラインショップなどで行われている動的なコンテンツ変更んついてもインデックス化されないケースが増えています。
どうしてもインデックスに載せたい場合には別途ページを作って対応することが大事です。